銀行カードローン トレンド比較

HOME > カードローンの基礎知識

カードローンの基礎知識

カードローンって?

カードローンとは、主に個人が金融機関から現金を借りる小口の融資のことを指します。
小口の融資とは言え借金をすることに変わりはありませんので、利息がかかることには注意をしましょう。

しかし、収入があれば申込可能という点から、近年では会社員だけではなく、アルバイトの学生やパートの主婦など幅広い年代の人々が利用しています。
現金が必要だけど友達には借りにくい、給料日前で持ち合わせがない、など…多くのシーンで便利に使えます。

カードローンとキャッシングの違いって?

キャッシングは主に信販系の会社、消費者金融などが行っており、カードローンは銀行を中心に行っています。それぞれの会社によって審査基準や利率、返済方法などに違いがあります。では、具体的にどのような会社があるのかご紹介しましょう…

銀行系 ▼ とにかく金利を安くしたい、お金が必要になるまで十分に時間がある人向き
・審査結果によってはかなり条件がよくなる。
総量規制の対象外でもあるため、年収の3分の1以上の枠が取れることもある。
・金利は枠が大きければ大きいほど低くなり、カードローン業界の中では最も低い。
・審査の厳しさは消費者金融と比べるとかなりハードルが高い。
・テレビ窓口などを設置して、即日対応できるところも出てきたが、消費者金融に比べ、時間はかかる。
キャッシング
専業系
▼ 今すぐに借りたい!電話やネットで簡単に済ませたい!といった人向き
・窓口では最短30分で借入が可能。即日融資など手続きも簡単で早い。(※)
・24時間申込可能な点や無人契約機での営業時間外対応など利便性も高い。
・金利は高くなる傾向にあるが、診断コンテンツなどのサービスが充実している会社が多い。
・信販系に比べ、借入枠も大きく取れる場合が多い。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
信販系 ▼ クレジットカードを利用しており、もしもの時のためにキャッシング機能を付けておきたいという人向き
・金利は消費者金融とほぼ同程度。若干安い場合がある。
・キャッシング枠は消費者金融系や銀行系に比べて小さいことが多い。
・短時間、最小限の情報定時で審査が終わる。消費者金融と同じくらい。
・銀行では審査が厳しいかもしれないが、消費者金融はちょっと不安という人にはぴったり。
注意点は?

カードローンは基本的に自分の銀行口座から毎月お金が引き落とされ、キャッシュカードを使って借入ができる金融機関もあるため、つい口座からの引き落としと同じ感覚で借り過ぎてしまうケースもあります。

また、カードローンは総量規制の対象外となるため、多額の借入ができるので、尚のこと注意が必要となります。
そのため、ご自身の返済能力を超えた借入は絶対にしないことが重要です。
無駄な借入はせず、しっかりと返済計画を立てて、利用しましょう。

掲載商品一覧

時間で選ぶ

サービス内容で選ぶ

利用者の条件で選ぶ

カードの種別で選ぶ

コンテンツ