銀行カードローン トレンド比較

HOME > カードローンのQ&A

カードローンのQ&A

自宅や職場に電話はかかってきますか?
多くのカードローンでは、職場への在籍確認のために電話をかけます。また、電話番号や住所が正しいかを確認するために自宅へ電話をしてくることもあります。しかし、それらの電話は消費者金融からの電話だとは分からないように個人名や銀行名で電話をかけて来ることがほとんどなので安心してください。
取立はありますか?
取立の方法は現在規制されており、怖い人たちから強引な取立をされるということは現在はありません。但し、返済が遅延してしまうと遅延損害金を支払う必要があるため、毎月の返済日にきちんと返済を行うようにしましょう。
今日中に借りるにはいつまでに申込をすれば良いですか?
各金融機関によって対応可能時間が異なっており、審査状況や審査の混み具合によって審査にかかる時間が変動するため、「この時間までに」と明確に決まっているものはありません。審査は申込順に行われるため午前中のなるべく早くに申込をしましょう。
学生やフリーター、主婦でもカードローンを利用することはできますか?
はい。学生やフリーター、主婦の方でもカードローンを利用することができます。しかし、発行している金融機関によっては利用することができない可能性もありますのでご注意ください。
申込に必要な書類には何がありますか?
ご契約に際して必ず本人確認資料が必要です。高限度額の契約の場合は収入を証明する資料(給料明細書・源泉徴収票・納税証明書など)が必要となります。
夜間や週末でも審査してもらえますか?
少ないですが、週末に審査対応をしてくれる金融機関は存在します。一方夜間では、各金融機関の営業時間以降に申込をすると、翌営業日に審査対応となるため、審査対応をしてもらうことはできません。
総量規制とは何ですか?
消費者金融に対して利用者の年収の3分の1以上の貸出ができないようにした規制のことです。消費者金融系のカードローンは対象ですが、銀行系のカードローンは対象外となっています。
家族に内緒でキャッシングを利用したいので利用明細を送って来ないようにしたいのですが可能でしょうか?
金融機関によっては電子メールやインターネットでの利用明細確認に切替えることで、明細の送付を止めることが可能です。
キャッシングを利用する際の注意点はありますか?
自分の収入に見合う額以上の借入をしてしまうと返済が困難となってしまいます。返済が滞ってしまうと信用情報機関に事故情報として登録されてしまい、5年間は新しいローン契約を結ぶことが困難になってしまうため注意しましょう。
信用情報機関とは何ですか?
消費者金融やクレジットカードなどの利用情報などを記録している機関のことです。消費者金融や銀行ではここに記録されているデータを基に審査を行います。
水商売なのですが、審査に通るでしょうか?
通ります。水商売だからという理由で審査に落ちるということはありません。しかし、収入が不安定な場合は審査に通りにくくなってしまいます。
ブラックリストってあるんですか?
ブラックリストは存在しません。以前に滞納や自己破産など経済的な信用を失ってしまっている場合、5年間その情報が信用情報機関に登録されてしまうためその間の借入は非常に困難になります。
借入したお金はどうやって返済するの?
返済方法は金融機関により異なりますが、毎月返済日を定め、その日に口座から引落としを行う方法が一般的です。返済日に口座残高が足りない場合は延滞となってしま うため、返済日の前には口座の残高を確認しましょう。
返済を滞納してしまった場合どうなりますか?
滞納してしまった場合、遅延損害金が発生し返済額が高額になってしまいます。遅延が発生してしまう場合は前もって利用している金融機関にその旨を連絡しておきましょう。
複数の金融機関から借入をすることは可能ですか?
総量規制の範囲内であれば借入を行うことが可能です。
私は外国人なのですがカードローンを利用することはできますか?
外国人登録証明書や、本人確認書類などを提出する必要がありますが、カードローンを利用することは可能です。
金利を下げることは可能ですか?
可能です。金利を下げるには過去に延滞がないなど優良な顧客であることが条件になります。一般的に金利の引下げには半年以上の実績が必要と言われています。
おまとめローンとは何ですか?
おまとめローンとは、複数の金融機関から借入をしている方のためのローンで、金利の低いローンに一本化することで返済の負担を減らすことを目的としています。
カードが手元に無い時にも借入は可能ですか?
電話やインターネットを使って口座振込の依頼をすることが可能です。しかし、振込の対応を行っていない金融機関もあるため、申込前に確認をしましょう。
審査に落ちてしまったのですが、他の会社の審査を通過することは可能でしょうか?
審査基準は金融機関によって異なるため、必ず落ちてしまうということはありません。しかし、一度落ちてしまうとその情報が信用情報機関に登録されてしまうため審査に通りづらくなってしまう可能性があります。また、審査に落ちてしまうということは信用情報に何か問題がある可能性があるため、その改善をする必要があります。

掲載商品一覧

時間で選ぶ

サービス内容で選ぶ

利用者の条件で選ぶ

カードの種別で選ぶ

コンテンツ